ucarlogo

ノートパソコンが死に掛け

今週は3日連続で出勤中です。

火曜日はキャンペーン詳細をUPしようと出勤しましたが、社長がキャンペーンを決めてなかったため、ブログを更新せず帰宅。

水曜日は庭で剪定をしていたところ、電話で呼び出され出勤。

今日は昼食の準備をしていた時に呼び出し。

昨日の呼び出しはメールの整理をしていたら、受信トレイが空になったとの事。

念のため、PCの再起動を含め一切の操作をせず、PCをなるべく冷やしておくようお願いし出勤。

Outlookによくある症状かと思ったが保存先フォルダに受信トレイ.dbxが存在しない状態で受信トレイ(1).dbxがある。

他のPCでファイル復旧ソフトをダウンロードし、ファイル復旧ソフトを使い受信トレイ.dbxを復旧。

OutlookのローカルフォルダでTESTフォルダを作成し保存先フォルダでTEST.dbxを削除し、復旧させた受信トレイ.dbxをコピーしてTEST.dbxにリネームさせて復旧。

CrystalDiskInfoでHDDの状況を確認するがエラーは発生していない様子。

しかし、少し前から調子は良くないので、新しいPCを買う準備をするよう言っておいた。

そんな状況で、今日の11:30ころ昼食の準備中のところ電話がありPCが立ち上がらないとの事。

画面は暗いままで何も表示しないとの事なので、HDDではなくM/Bっぽい感じ。

取り合えず、昼食を諦めて出勤。

バッテリーとACアダプターを外して少し待ち、ACアダプターのみ接続し電源ONしてなんとか起動に成功。

ファイルは壊れていなそうなので、新PCが来るまで電源をOFFせずにこのまま使用することにした。

そんな状況で、死に掛けのPCでDELLのPCを購入。

再度、立ち上がらなくなった時にデータをサルベージするためHDDケースを購入することを決定。

まるで前職のときのようなお仕事をしている管理人でした。

社長はレストアショップのようにデルタのコンソールを修理中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です