日別アーカイブ: 2013年7月26日

peugeot

PEUGEOT106 S16

プジョー106 S16
フロント周りから、細かい凸凹で、カタカタ異音出すとの事、プジョーの場合スタビリンクロットのジョイントにガタが出て良く異音出すが、タイヤを揺すると、ガタが有り、ショックアブソーバーのロックナットが緩んで居るのかと思ったが、シャフトにガタが有る。
可なり前にビルシュタインを組み込んだ車両でした。
ショックのケースの中に水が混入し錆が発生していた。ダストブーツもしっかりしていたんだけど、ロックナットのオイルシールが、半分切れて居た、これでは水もゴミも入ってしまう!

同じビルシュタインショクに交換です。
CIMG8164 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄い錆で、ストロークさせると、ジャリジャリしてる。こんな状態でも、ビルシュタインのショックはオイル漏れも無く減衰力は落ちて居ない様だ。(凄い)事実乗り心地も異音を除けば、抜けて居る様な乗り味ではなかった。
ロックツールでは、ロックナット、ピクリとも緩まなかった為。荒療治に成るが、アセチレンで炙りながら緩めた。

 

 

CIMG8169

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換後、異音も無く、遠慮なくアクセル踏み込める様になりました。

 

 

 

ビックリ写真 ここまで使うか!

とても常識では考えられない使い方 危険極まりない、ここまで使う神経が分からん。
プジョー306スタイルプレミアム 以前もこんな事が有った、ブレーキを踏んだら、止まらず、ペダルが奥まで入ってしまい、前の方から、何か落ちました。 そんな馬鹿な事有るわけない、ブレーキ関係の故障は、とても怖いので、車を使わない様に伝え、引き取りに向かった。
到着後、フロントブレーキ辺りから、ブレーキオイルらしき物が流れて居る。もしや?? 落ちたと言うのは、ディスクパットか!
悪い予想が当たり、パット及びローターが紙の如く薄く成っていて、ディスクキャリパー、ローター、パット交換した記憶の有るオーナーさんでした。
今、公開してる写真はその後の出来事です。 ここまで使う前に定期点検を入れる様に伝えておいたが、無駄だったようだ。

CIMG4718

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fブレーキの状態 ローターの表面が消耗して、中身のリブが見えてる、当然パットなんて残って居るはずがない。

CIMG4715

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R/ブレーキの様子 ローターが紙の如く薄く成って居る、ロータが透けて見えるなんて聞いた事がない。
修理作業 F/ブレーキキャリパーASSY交換左右  ローター交換F/R  ディスクパット交換 F/R  ブレーキエアー抜き
これで良く事故起こさず走行出来たものだ。

7月26日のオービット

大事な通勤用自転車の調子が悪く、どうしようか思案中です。

工場はあまり変わり映えしません。

CIMG0641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイムラー ダブルシックスの後ろにエリーゼが隠れています。

リフトに上がっている赤デルタはJrが車検整備中

作業台での作業も少し進んでいるようです。

CIMG0642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デルタのヘッドが重ねられて、2TGのヘッドが作業中のようです。

社長はねじりはちまきで作業中です。

8月の定休日☆

こんにちは(・0・)/

今日も暑いですね!!!今週は研修の為、社長&Jrの不在の日が続き、ご迷惑をお掛けしました。

不在の日に限って、色々あるんですよね・・・。私はテンパリの1週間でした(汗) 

 

8月の定休日です☆

5日(月)

12日(月)

13日(火)

14日(水)

15日(木)

19日(月)

25日(日)

          宜しくお願いします。