日別アーカイブ: 2013年8月4日

LANCIAロゴ

DELTA エンジンヘット

DELTAシリンダーヘット、機械加工から戻って来て早々に組み上げました。
バルブフェイスの研磨修正 バルブガイドの打ち替え バルブシートの研磨修正 バルブの摺合せ ヘット面研修正などなど
CIMG8246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8253

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち替えしたバルブガイド

 

 

 

CIMG8252

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブを組み込みます

 

 

CIMG8263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

排気側 カムシャフトの取り付け

 

 

 

CIMG8266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘットをシリンダーに乗せる前にバルブのクリアランスを調整します、アウターシムタイプなので、SSTを使い 冷間時 EX0.4 IN0,35に調整します。 エンジン始動後にもう一度チェックします。

 

 

CIMG8269

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じくインテーク側のカムシャフト取り付け この後 バルブクリアランスの調整です

 

 

CIMG8300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8254

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーブロック、ピストンの清掃 エンジン裏側のラジエーターホースを交換しました。他にサーモスタットケースからロアーホースのL型バイパスホース、TURBOユニット冷却用ウオーターホースも交換しました。

 

CIMG8306

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスケットをセットして、ドッキング準備OK

 

 

CIMG8307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はここまでしか撮らなかった、ラジエーター A/Cコンデンサー 各配線など元通りに戻し スパークプラグを外し、クランキング(エンジンオイルを廻す為)油圧が掛かった所で、スパークプラグを装着、エンジン始動 1~2回位の圧縮で容易にエンジン始動!
アイドリングのバラつきも無く凄く安定してました。

ヘットガスケットの状態の写真です。

 

 

CIMG8140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番3番の吹き抜けでした。

LANCIAロゴ

お疲れ 部品

LANCIA DELTA エンジンマウント交換の話

CIMG8272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8270

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外したマウント、一目瞭然、かなり潰れてます。考えて見れば、交換した記憶が無いと言うことは、20年以上エンジンの重さに耐え、

パワー掛ける度にねじられ、傷むのは当然か!

 

 

 

 

CIMG8275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換後は上のプレートとマウント本体15mm以上隙間が空きました、エンジンの振動も抑えられるかな。

ほかのサポートも交換の時期来てるはず、早めに交換お薦めしました。