今日のオービット

寒く成ってきた今日この頃。
流石に10月後半に成ると、寒く成る、日中は暖かくても、夕方にかけて、気温が急激に下がり、暖房が恋しく成ってしまう。体調を崩さない様に、体調管理しないと!!

TE27  2T-Gのエンジンブロックとシリンダーヘットが機械加工より戻って来ました。少しずつ組み込んで行きます。
エンジンブロックを綺麗に洗浄後、メインメタル、スラストメタル、測定後、クランクシャフトの組み込み

CIMG0757

 

 

 

 

 

 

 

クランクシャフト

 

 

 

CIMG0758

 

 

 

 

 

 

 

ブロックにメタル組み込みクランクシャフトをセット

CIMG0759

 

 

 

 

 

 

 

 

トルクレンチで締め込み

CIMG0761

 

 

 

 

 

 

 

 

   

CIMG0762

 

 

 

 

 

 

 

 

新品ピストンの組み込み (オーバーサイズ)
コンロット小端部はフルフロータイプに加工済

CIMG0764

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0765

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストン、コンロットを組み込み、リングコンプレッサーで、シリンダーへ
ピストンを組み込む

 

CIMG0767

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にタイミング1次チェーンの組み込み 2次チェーンの組み込みとフロントカバーの装着
古い話だが、TOYOTAの2TエンジンはOHVブロックなので、2次チェーンを使ってDOHCにしてる為、
エンジンは組み安いと思う!

 

CIMG0768

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0769

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はシリンダーヘットの組み立て

 

CIMG0771 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0772

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブガイド、シートリングを機械加工で交換してもらいました。
(ビックバルブに交換の為、シートリングを交換して有ります)

CIMG0777

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブ組み込み バルブ単品、組み込みの写真、撮り忘れ 😳

CIMG0776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘットを乗せる準備 (メタルガスケットを乗せて、おっと 😯 !!
ヘット位置決めのノックピン忘れず打ち込み)

 

CIMG0779

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0780

 

 

             

       

 

 

 

ここでバルブクリアランスを調整します、直突きインナーシムタイプなので、リフターを外さないと
シムの交換が出来ない、この状態でクリアランス測定して、各シムの厚さを計り、クリアランスを
測定します。 2~3回カムシャフト外さないと合いませんね 😆 
ちなみにクリアランスは冷間時 0.28~0.3です。
カムシャフトはHKSのハイカムがセットされてましたので、そのまま、バルタイを調整して使用します。

CIMG0803

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0802

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0804

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番時間の掛かりそうな、バルブタイミングの測定も終わり、各ブラケット、W/Pオイルポンプ、オイルパン、組み込めば、ほぼ、エンジンは出来上がります。今日はここまでの作業 う~寒い~ 😥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です