カテゴリー別アーカイブ: 修理

修理に関する記事

AlfaRED

アルファ166ヒーターコア交換

アルファ166のヒーターコア交換です。

コアを取り外す所までは素早く進んでしまった為、写真が撮れていません。

コアが取り外されたところがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のヒーターコアがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーターコアをセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロアとクーラーユニット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロアユニット取付中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラーユニットも取付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの配管やワイパーのリンクを取り付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバーを取り付けて、エアコンガスを入れます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルファ166のヒーターコアの交換はエンジンルーム側だけの作業なのでまだ簡単との事。

 

 

 

 

CIMG0147

ピストン到着

510ブルに使えそうなL28のピストンが到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長はピストンを持ってすぐに内燃機屋さんに向かいました。

日産のL型は色々と流用が可能なので、今回のようになった訳ですがL型のエンジンを見ていると、非常に懐かしい気持ちになります。

 

 

Alfalogo1

アルファ155集中ドアロック修理

アルファ155で集中ドアロックでドアをロックすると直ぐに開錠してしまう状態

デルタでも良く発生する症状で、ドアロックピンの動作が渋いと上手くロックできないと判断してアンロックさせるのですが今回はドアロックピンの動作は問題なし。

ドアロック用のモータの動作も問題なし

ドアロック配線図を入手して調査を実施。

チェックパネルディスプレーでドアが開いていると判断されるとドアロックが動作しないようだが、これも問題なし。

各ドアのドアロックの信号、モータへの信号の不良かと思い各コネクタを外したり、ジャンパーしたりするが状況が変わらない。

ドアロックコントロールユニット(巨大なリレーのような気も…)を交換しても状況変わらず。

その後も調査を続けるとどうもフューズBOX内で電流が回り込んで開信号を出しているらしい事が判明。

ただし、何処から回り込んでいるかは調査中だが、ドア側は問題なさそうなので内貼り取付中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月12日 追記

フューズBOXの不良では無く、集中ドアロック用フューズにルームランプからの配線に割り込みしている妙な配線が接続してあり、この配線を切り離したら復旧。

配線を切り離してもルームランプの動作は問題無し。

この割り込みの配線がなんの為に接続されていたかは不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ucarlogo

ハイゼットのクラッチ修理

昨日も少し書いたハイゼットのクラッチ修理です。

最初はクラッチが滑るのでクラッチの交換して欲しいとの話でした。

クラッチを手配してさあ交換となったところ、どうもクラッチは悪くないみたい。

ミッションからオイルが漏れて、クラッチにかかってクラッチが滑っていると判明。

ミッションのオイルシールの交換が必要と判断し、交換しようとしましたがオイルシールの交換にはミッションの分解が必要と分かりミッションの分解を開始しました。

しかし、なかなか分解できず昨日やっとケースがばらせて中身がでてきた状態です。

今日はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまも、カンカンと叩いている音がしています。

進捗により追記していきます。

 

10月25日13:00 追記

綺麗にバラバラになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月25日18:00 追記

色々と部品を手配していましたが、組立始めたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月30日20:50 追記

部品待ちで作業が進んでいないようです。

MASERATIロゴ文字つき

MASARATI GHIBULI CAP

MASARATI GHIBULI エンジンマウント交換
エンジン重量を支え 捩れトルクを支え 痛んでいない訳ないかな!!  交換後エンジンの位置が上がりました(当然ですね)
上がると言えば、MASERATI JAPANが出来て、PARTSの価格が少し下がったそうですが、相変わらず、高額だな、流石にスーパーカーメーカーの車輌だな!!