タグ別アーカイブ: AlfaRomeo

アルファロメオ

AlfaRED

アルファ159


車名
アルファ159
年式
平成18年式
走行距離
77,000Km
BODY TYPE
4Dセダン
BODY COLOR
アルファレッド
車検 平成25年4月
納車整備別
リサイクル済み別
ディーラー車
修復歴無し
オプション

ETC

諸費用
100,000円
車輌本体価格
148万円

社長の愛車のアルファ159です。2月1日現在の走行距離は76,150Kmですが通勤の為、日々増えています。

6MTです。フロントロアアーム左右、アンダーガード交換済。

ボディ剛性は高く、バイパスで道路の継ぎ目を越えた時はドイツ車に近い物が有ります。

遮音性も高く、普通に走っている時はエンジン音があまり車内に入って来ません。

イタ車に乗りたいけど家族に反対されている方にお勧めです。


 

CIMG0415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この角度だと特徴であるアルファRZ、SZのようなヘッドライト廻りが良くわかります。

 

CIMG0418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央のマルチファンクションディスプレイ部分は走行距離だけでなく、チェックモニターやワーニング表示機能が有ります。

CIMG0427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3連メータの隣にキースロットその斜め下にエンジンスタートSWが有ります

CIMG0421

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンは2.2ℓのJTSです。カムがチェーン駆動になっているのでタイミングベルト切れの心配が有りません。

CIMG0422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0423 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内装はレザーになっています。

AlfaRED

アルファ166ヒーターコア交換

アルファ166のヒーターコア交換です。

コアを取り外す所までは素早く進んでしまった為、写真が撮れていません。

コアが取り外されたところがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のヒーターコアがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーターコアをセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロアとクーラーユニット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロアユニット取付中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラーユニットも取付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの配管やワイパーのリンクを取り付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバーを取り付けて、エアコンガスを入れます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルファ166のヒーターコアの交換はエンジンルーム側だけの作業なのでまだ簡単との事。

 

 

 

 

AlfaRED

まるでアルファ屋さん

珍しく月曜日から出勤している管理人です。

類は友を呼ぶと言う事でしょうか、アルファが3台も入庫しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファ75は車検整備で部品を探しているところです。

アルファ155は先週書いた集中ドアロック不良で入庫していた車ですが作業完了し納車待ち。

原因については記事に追記しておきます。

アルファ166はヒーターコアの水漏れの修理でヒーターコアの交換作業中。

販売している車はプジョー屋さんなオービットですが、工場はアルファ屋さんぽいオービットです。

 

 

Alfalogo1

アルファ155集中ドアロック修理

アルファ155で集中ドアロックでドアをロックすると直ぐに開錠してしまう状態

デルタでも良く発生する症状で、ドアロックピンの動作が渋いと上手くロックできないと判断してアンロックさせるのですが今回はドアロックピンの動作は問題なし。

ドアロック用のモータの動作も問題なし

ドアロック配線図を入手して調査を実施。

チェックパネルディスプレーでドアが開いていると判断されるとドアロックが動作しないようだが、これも問題なし。

各ドアのドアロックの信号、モータへの信号の不良かと思い各コネクタを外したり、ジャンパーしたりするが状況が変わらない。

ドアロックコントロールユニット(巨大なリレーのような気も…)を交換しても状況変わらず。

その後も調査を続けるとどうもフューズBOX内で電流が回り込んで開信号を出しているらしい事が判明。

ただし、何処から回り込んでいるかは調査中だが、ドア側は問題なさそうなので内貼り取付中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月12日 追記

フューズBOXの不良では無く、集中ドアロック用フューズにルームランプからの配線に割り込みしている妙な配線が接続してあり、この配線を切り離したら復旧。

配線を切り離してもルームランプの動作は問題無し。

この割り込みの配線がなんの為に接続されていたかは不明